ベッド関連情報について

介護用ベッドがレンタルできるようになるまで

高齢者社会と言われている現在、介護や介助を受けながらの生活を余儀なくされている方たちがいらっしゃいます。
国の制度である介護保険制度が発足するまでは、介護を在宅で行う人々は必要である介護用ベッドは自己負担で準備しなればならないという状況でした。
法施行後は、自費負担する割合が減りました。
また、時代と共に介護用のベッドも研究により進化してきています。
最新のものを少ない負担でレンタルすることも可能となっています。
介護に使用するベッドは構造上、一般的なものと異なる作りをしています。
ハンドルを回す事により上部の状態の角度を変えられるものや、下方に置いても操作が出来るものもあります。
近年では、より快適に使用できるように、じょくそう(床ずれ)予防のための装置が付いているものもあります。
最新式のものでは価格もそれなりに高価になりますが、保険適用で負担率が少なければ購入するより安価な価格となります。
それらは関係各所に申請を行いレンタルすることが出来ます。

Copyright(c) ベッド All Rights Reserved.